東洋医学の勉強

不定期で東洋医学の基礎を学んでいるのですが、今日も勉強会に行ってきました。

東洋医学は「バランス」

肩が凝るからといって肩をほぐすだけでなく、身体全体をみてみると、実はちがう部分をほぐした方がさらにバランスが整ってきて、凝りにくい身体作りをすることが可能です。

今日は脾。胃。

先生も言われていましたが、胃が弱くなっている人が多いと私も感じます。

弱くなる原因で多いのは、ストレス。

ストレスはダイレクトに胃にきます。

胃が弱くなると胃下垂や出血しやすくなったり、流れを阻害します。

そのため足のむくみの原因は実は胃の疲れだということがあります。

疲れている部分は気になりますが、その部分だけにとらわれず、身体全体をみられるように。

またどういうアプローチ、どこをアプローチすればバランスがとりやすくなるか。

心も体も整ってくると前向きな気持ちになり、やりたいことがでてきたり、目標に辿り着く流れを掴むこともできるようになったりします。

ただ癒すだけでなく、もう少し深い部分の癒しができるように少しずつ勉強をしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です