講座に受講していただくセラピストさんとお茶をして熱く語ったこととは?

「経験が浅いことで、どうしても自信が持てない」と言われたセラピストさん。

私が言ったことは「確かに経験の浅さから自信が持てないことはわかります。でも今の状態でもお客さまにできることは沢山あるんですよ!

技術だけでなく、いかにお客さまに喜んでもらえるか考えてみるとできることはあると思います。

まずは一生懸命やる、ということとその想い。

今度こういうのを勉強してくるので、是非実践させてください、とお伝えするのも喜ばれると思います。

質問されてわからなければ、素直にわからない、と言って後ほどまた連絡することを伝える、とかでもいいんですよ。

その後にきちんとフォローする、お客さまに応える、応える姿勢が大事だと思います」ということをお話しました。

こちらのセラピストさんは、先日お知らせした【スクールでは教えてくれない実践的な精油の使い方】&

【リフレの実技見直し&アロマボディに足裏をプラスしたい方への講座】に受講を決めていただいた方です。

受講参加の連絡をいただいた際に、「まだまだ他にも聞きたいことがあります」と言われていたので、早速今日お会いしました。

その他「オーナーにこの手技はこれがいいと言われたけど果たしてこれでいいのか?」とか力加減の聞き方とか、枕の高さとか、セラピストとして行っていると、普通に出てくる質問だと思うのですが、聞けるような人、応えをくれるような人がいなくて困っていたそうです。

2時間半の時間は、お互いの仕事のことなども話しましたが、たくさんの質問に応えることができ、すごく楽しい時間となりました。

もう一つセラピストさんがある温泉にあるマッサージサロンが気になる、と言われていたので、何かの為になれば、とお話が終わってから早速温泉に行ってマッサージを受けてきました。

これからは私が積んできた経験談、技術などをどんどんアウトプットしていき、私が楽しみ喜びながら、周りの人にも喜んでもらおうと思えた大きな1日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です