15年前の占星術から紐を解く

「木谷さんは(旧姓)晩年、なんか忙しくしているみたい。人にも尽くす?ボランティアみたいなことかな?」

そう言われたのは15年くらい前。

セラピストであり、毎月雑誌に占星術で星座ごとの運勢を掲載していた人にみてもらった結果でした。

私は晩年何をしているんだろう?

ボランティア精神なんて私に持てるのかな?

たまに思うことがあったのですが、もしかしたらこういうことかな?と、ふと思いました。

それは何か一つをやる、というのではなく、【人に喜んでもらうことをする】ということ。

それは見返りを求めることなく、自分がやりたいと思うことが、ボランティア精神という意味だったのかもしれないなぁと。

なんだか昔に言われたことが、すとーんと繋がった気がしました。

喜んでもらうことをやる!というより、私が楽しみ、喜んでいることが溢れて周りに広がる、という言い方の方がしっくりくるかもしれません。

晩年型とこの前にもいわれましたが、この15年前の占星術でも大器晩成だと思う、と言われました。

今まで積み重ねてきたこと、それはこの仕事に携わることから、この仕事に就くまでのこと、今まで精神面に苦労してきたこと、そういったこと全てがこれからの糧となり、私の喜びから、喜びを与えていることに繋がっていくのだと思います。

見かけでは対応しきれない、真の芯の部分となることを届けたい、そう思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です